タイトル・入り口はこちら
プロフィールカテゴリー
イラストカテゴリー
現在地のカテゴリーはコンタクトです
プロフィール・店主の部屋はこちら プロフィール・説明書はこちら イラスト・商品はこちら イラスト・画廊はこちら コンタクト・メールはこちら コンタクト・リンクはこちら
メインページ商品【ワークス】メモリアル似顔絵
まだ空です
まだ空です
まだ空です
デザインオプションページへ
メモリアル似顔絵ページへ
ウエディング似顔絵ページへ
商品トップページへ
商品ページへ行きます商品ページへ行きます
メモリアル似顔絵コーナーです
メモリアル似顔絵。記念を似顔絵という形で残してみませんか? 写真を見て蘇る風景があり、
曲を聴いて蘇るにおいがあります。
でも、似顔絵は少しめんどうです。
描いてもらう為に手間がかかります。
でも、そのプロセスはやがて
思い出にかわります。
メモリアル似顔絵。記念を似顔絵という形で残してみませんか?

お写真を元にしたリアルな似顔絵を描きます。
お値段は基本的に

    お一人様15,000円となります。
  • ●イラスト原画
    手書きで描いたイラストの大元です。
    A4サイズの紙に描いています。
    (A4=21.0cm×29.7cm)
  • ●制作期間
    約2週間いただきます。
原画
こちらが原画です。
商品自体はこれのみになります。
オプションで加工した場合、このような変化も可能となります。


ご注意!!

「メモリアル似顔絵」でご呈示させていただいている15,000円では原画のみの販売となっております。上のようなテイストはオプションとして指定する事ができます。オプションに関しては「デザインオプション」をどうぞ。

ポーズは写真の顔の角度や表情などから、細かいバランスを見て考えますので、ご指定がありましても受け入れられない場合もあります。ご要望がございましたら、お気軽にメールしてください。



商品ご購入の流れ:メモリアル似顔絵
原画とデザイン 商品と額

メモリアル似顔絵を買う事にします。原画のみで15,000円になります。(上はA4サイズのイラスト原画です。)
なかなか会えないおじいちゃんに、誕生日に似顔絵を送る事にしました。

デザインオプションで商品の加工を選びます。大きさはA2サイズとA4サイズから選べます。
最近『お風呂で倒れるお年寄り』というのを聞いたので「ノーマルデザイン」で一言付けてもらいました。

決まったらご注文。手元に商品が届きます。届いて見てもらって、メールでご報告をいただけるとうれしいです。
電話でお風呂に入る前にいつも見てると聞きました。似顔絵を見ると電話があるので会話が増えてよかったです。


インタビュースペース4:メモリアル似顔絵について
ここでは結城さんにメモリアル似顔絵について聞いてみようと思います。

思い出の道
  • レポーター(以下レ):結城さんはなぜメモリアル似顔絵を描こうと思ったんですか?
  • 結城(以下結):それはですね。3年前に独立しようとしていた時、ホームページに載せたいという理由もあって、「記念に」と父と母を描いたんですよ。父は足腰も弱くなっていたので、絵の中でおしゃれさせて元気に歩かせてやろうじゃないかと。
  • レ:なるほど。絵の中は自由ですもんね。
  • 結:絵を見たときのふたりは、「わしゃあこんな顔しちょったかの」だの「似とるじゃないの」だのと笑いながらしゃべっていましたね。なんだかそれがとても、いい時間だったんです。
  • レ:いい時間。
  • 結:はい。穏やかで、ちょっと恥ずかしさもありながら。…そうですね。感謝の気持ちを表せた達成感なんかも混ざっていたかもしれませんね。
  • レ:絵がそんな空気にさせてくれたんでしょうね。
  • 結:それから1年くらい後、父は亡くなったんです。私は葬儀場へ行き、一夜を過ごしました。そこへ父の絵を飾っていると、静かな空気の中、知人が「いい雰囲気じゃね。なんだか元気にそこにおるようだわ」と言ってくださったんですね。それを聞いた時に、ああ私はちゃんと父の姿をここに残せたんだなと思ったんです。
  • レ:残せたとは?
  • 結:この絵を渡した時の空気や時間、父の葬儀に飾っていた絵と集まった人々。なんだか絵を見ると若い頃聴いた音楽のように思い出すんですよね。
  • レ:絵を通じて、思い出を残せたわけですね。
  • 結:はい。…確かに過ごした場所や写真などにも思い出はあるでしょうけど、絵ができるまでのワクワク感や渡す時のドキドキ感は自分が相手を想う中で出てくるものですから、なんていうか強く残ってるんですよ。
  • レ:みんなが絵を囲んで時間を過ごしたから、絵を元にして思い出ができていたと。
  • 結:私はそうだったんですけど他の人には違うかもしれない。でも私がそうであったように、誰かのそういった思い出の手助けになるのならと、私はこの似顔絵を描いているんでしょうね。